張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 エリミネーター250V シート張り替え手順

 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。

 エリミネーター250V はシート左右のズレが目立ちますので、こまめに左右のバランスをチェックします。
 本文中でも書いてありますが、タッカー打ち込み位置にご注意ください。

 画面左のメニューがない印刷用ページはこちら
 
前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品
ベルト部分)
シート取り付け金具部分)


取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ


シート取り付け金具、ベルト共10ミリのナットで取り付けられていますが、
ベルトを止めているナットはロックナットになっています。

張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

エリミネーター250V の場合、半分ではギリギリですので片側を残して切り、大きな一枚のまま使用します。

  

step1 シート後部の仮止め
左右のズレに注意し、シート後部(部)をタッカーで仮止めします。

張る強さですが、シート裏側へ回り込む部分が4〜5cmになるくらいが目安になります。

シート皮にかかる力を分散させるために仮止めは2〜3点タッカーで止めます。
シート後部はこんな感じになります。

後ほど張りなおしますので、まずは左右のズレがないように注意しておけばOKです。


シート前側はかぶせればある程度位置決めできますので仮止めは後ろだけでOKです。
これで仮止め完了です。

画像のようにシート座面はダルダルになっていると思いますが、それでOKです。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか、確認することです。
縫製部分で確認すると分かりやすいと思います。

ずれている場合は針を外して再度仮止めを行います。

OKですか?では本張りに行きましょう!

画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート後部の仮止め
シート中央〜後部のあたりを斜め後ろに張ります。
ちょうどシートのくびれのあたりです。


強く張りますが、左右一方に偏らないように注意します。
シートベースの形状上きつく張ることになりますので、タッカーは3点以上打ち込むようにします。

タッカーを打ち込む位置はなるべくシート皮の端の方に打ってください。
シートの形状上まだまだシワ・たるみが多く残ります。

左右一方に引き過ぎないようにご注意ください。



画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート前部の仮止め
シート前座面を左右に張ります。

ここも左右のズレに注意します。
それなりにきつく張ることになりますので、タッカーは3点以上打ち込むようにします。

手前にタッカーを打ちますと車両取り付け時にサイドカバーにタッカー針が接触しますので、なるべくシート皮の端の方に打ってください。
だいぶシートの形になってきました。

中央あたりにたるみが残りますが、それでOKです。

座面のたるみはこの後で取れますので、あまり気にせずいきましょう。


画像クリックで拡大表示します。

  

step4 座面前よりを張る
シート座面のたるみを取るように、斜め前に張っていきます。

タッカー打ち込み位置にご注意ください。
左右のバランスに注意して張っていきます。

ご注意
タッカーを打ち込む位置ですが画像の位置に打ちますと、車両取り付け時にサイドカバーにタッカー針が接触しますので、赤色線のあたりに打ってください


画像は悪い見本です・・・
だいたいのたるみ・シワは取れたかと思います。

多少のたるみ・シワが残っていてもこの後の調整で取れますのでご安心を。


画像クリックで拡大表示します。

  

step5 シート後部の本張り
シート後部を本張りします。

仮止めの針さずに本張りし、その後仮止めの針を外すようにします。


ココを強く張りすぎますと、シート全体が反る感じになってしまいますのでご注意ください。
シワが表に出ないように細かくタッカーを打っていきます。

仮止めの針を先に外してしまいますと、シート皮が前方向へ引っ張られてしまいますので、ある程度本張りの針を打ってから外すようにします。
表側はこんな感じになります。

真上から見て左右にズレがないかを確認します。
ほぼ座面のシワは取れました。

印のあたりは浮いた感じになっていますが、そういうシート形状ですのでそれでOKです。

画像クリックで拡大表示します。

  

step6 前部を張る
シート前部を軽く張って、タッカーを打ち込んでいきます。

タッカー打ち込み位置にご注意ください。
シート前側はかぶせれば位置が決まりますので、若干縫い目が裏側へ入るくらいの張り具合で張っていきます。

ご注意

タッカーを打ち込む位置ですが画像の位置に打ちますと、車両取り付け時にタンクにタッカー針が接触しますので、赤色線のあたりに打ってください


画像は悪い見本です・・・
シート前側を正面から見たところです。

画像のように縫い目がちょっと奥に入るくらいが丁度良い感じですが、座面にたるみが残っている場合はもう少し強めに張ってもOKです。
画像ではあまり変わっていないように見えますが、実際は前部にカッチリした感じがでました。

画像クリックで拡大表示します。

  

step7 前座面張り
シート前座面の張り具合を見ながら張っていきます。

左右のバランスならびに、タッカー打ち込み位置にご注意ください。
たるみ・シワが残っていれば強めに、そうでなければ軽く張っていきます。

ご注意
タッカーを打ち込む位置ですが画像の位置に打ちますと、車両取り付け時にサイドカバーにタッカー針が接触しますので、赤色線のあたりに打ってください


画像は悪い見本です・・・

順調にたるみ・シワが取れていれば、ほとんど見た目には変わらないと思います。

画像クリックで拡大表示します。

  

step8 後ろ座面張り
シート後ろ座面の張り具合を見ながら張っていきます。

左右のバランスならびにご注意ください。
たるみ・シワが残っていれば強めに、そうでなければ軽く張っていきます。

印のように、縫い合わせの部分はタッカーを二重に打っておくと安心です。
順調にたるみ・シワが取れていれば、ほとんど見た目には変わらないと思います。

画像クリックで拡大表示します。

  

step9 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのstep6を参考に、余分なシート皮と防水ビニールを切り取ります。


外したシート取り付け金具とベルトを取り付けます。
前側のシート取り付け金具(印)の取り付け向きにご注意ください。
逆向きにも付いちゃいますので。

シート取り付け金具は通常の10ミリナットですが、
ベルトはロックナット止めですのでご注意ください。

シート横からの画像(前座面)です。

張り具合のご参考にどうぞ。
シート横からの画像(後ろ座面)です。

張り具合のご参考にどうぞ。

 

step10 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

エリミネーター250Vは起伏の多いシート形状ですので、部分的にきつく張らないといけない所もありますが、形状の割には張りやすいシートだと思います。


クリックで拡大します。
後ろからです。

座面のたるみを取ろうと前後に強く張ってしまいますと、シート全体が反ってしまい車両取り付け時にシートが浮いた感じになりますので、張りすぎにご注意ください。


クリックで拡大します。



実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

           このページのトップへもどる


Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.