張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 ゼファー1100/RS Z2仕様シート皮張り替え手順

 ゼファー1100/RS用のZ2仕様シート皮張り替え手順です。
 シート先端近くまでZ2風の型押しが入るため、シート先端部分が若干低くなります。
 なるべく先端が低くならないように、手順を参考にバランスをみて張っていきましょう。

 ゼファー1100/RS用 Z2仕様 張り替えシート皮 商品詳細ページへ

 画面左のメニューがない印刷用ページはこちら

前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品

ベルト(
印)
シートキャッチ金具(
印)

取り外しに必要な工具
+ドライバー(3番)
10ミリのレンチ


左右の+ビスを緩めてベルトを取り外します。
10ミリのボルト4箇所を緩めて、左右のシートキャッチ金具を取り外します。
張り替えやってみようのページを参考にシート皮を剥がします。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

ゼファー1100/RSの場合、半分でギリギリいけますが、片側を残して切り、余裕を見て大きな一枚にして使用することをオススメします。

  

step1 シート前後の仮止め
シート左右がずれないように中心位置を確認し、シート皮をタッカーで仮止めします。
シート前側です。

パイピングがシート先端のスポンジに沿うように位置合わせをし、タッカーを打ち込み仮止めします。

シート先端のカタチを損なわないように、ある程度ゆるめに張っておきます。
シート先端のアップです。

画像の様な感じでパイピングがだいたい合っていればOKです。

仮止めの段階できつく張ってしまうと、シート先端が低くなってしまうのでご注意ください。
シート後ろ側です。

タッカー1点止めですと左右どちらかにズレやすいので、3点ほどタッカーを打っておきます。





パイピングからシート後端(画像の矢印部分)が3.5cm〜4cmになるように仮止めします。
前後を仮止めするとこんな感じです。
画像の様に座面は浮いていると思いますが、それでOKです。

前はパイピングとシート先端を軽く沿わせて、後ろはパイピングからシート後端の距離を目安に仮止めすれば、画像の様な感じになるはずです。

シート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか確認して、ずれている場合は針を外して再度仮止めを行います。

画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート左右の仮止め
シート中央前より部分を左右方向に仮止めします。

左右どちらか一方を張りすぎないように注意します。
シート裏側です。

シート前寄り、ちょうどパイピングがシートのフチにかかる辺りを左右に張ります。

左右どちらか一方に張り過ぎないように注意します。
仮止めですのできつく張る必要はありません。

張り終えたらシートを真上から見て、ズレがないかを確認しておいてください。
これで仮止め完了です。

画像のようにシート座面はスッキリした感じに見えますが、スポンジから少し浮いた感じになっていると思います。

シート皮がスポンジに着くくらい強く張ってしまうと、シート先端が手前に反ってきますので、この段階ではゆるく張っておいてください。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか、確認することです。
ずれている場合は針を外して再度仮止めを行います。

OKですか?では本張りに行きましょう!

画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート前カドを張る
シート前側のカド部分を、斜め前方向へ張ります。

手で巻き込むような感じにすると、張り具合を確認しながら張れるので、作業しやすいかと思います。
シート裏側です。

手で巻き込むような感じで作業するとやりやすいです。
左右のバランスに注意して張っていきます。

張り終えたら真上からの確認を!
シート前側カド部分を張ると若干シートらしくなると思います。

座面の浮きは、工程を進めていく中で取れていきますのでお気になさらずに。


画像クリックで拡大表示します。

  

step4 シート後部の本張り
シート後部を本張りします。

仮止めの針をいったん抜いて、打ち直します。
シート後ろの裏側です。

画像の様な感じでシワが表に出ないようにして張っていきます。

カド部分を左右どちらか一方に張りすぎると、パイピングがズレて不格好に見えますのでご注意ください。

パイピング〜シート端の長さが約3cmになるようにします(下の画像をご参考ください。)
シート表側です。

画像の部分が3cmくらいになる強さで張っていきます。

部分的に強く張るとパイピングがキレイに揃わず、不格好に見えますのでご注意ください。

後ろ座面のたるみ、シワは次の工程で取っていきますので、現時点で残っていてOKです。
多少のたるみ・シワは残りますが、シート後部がだいぶスッキリしたと思います。

作業自体は簡単ですので、パイピングが揃うようにじっくり作業してください。。


画像クリックで拡大表示します。

  

step5 シート後ろ座面を左右に張る
シート後ろ座面を左右に張ります。

パイピング付近に残るたるみ・シワを取っていきます。

手で巻き込むような感じにすると、張り具合を確認しながら張れるので、作業しやすいかと思います。
シート裏側です。

後ろはパイピングもありますので、左右のバランスに気をつけてください。

パイピング付近に残るたるみ・シワを取るように、やや強めに張っていきます。

作業自体は特に問題はないと思います。

張り終えたら真上からの確認を!
画像の箇所はシートベースの出っ張りがあるためタッカーが打ちにくいです。

しっかりタッカーを押し当てて打てば画像の様な感じに打ち込み可能ですので、じっくりと作業してみてください。

どうしても針が浮く場合は、針をマイナスドライバー等でまっすぐ押し込んでやればOKです。
これでシート後ろ側はほぼ完成です。

ここまで張れば、あとは前座面の張りを調整していくだけです。


画像クリックで拡大表示します。

  

step6 シート中央〜前座面を左右に張る
型押しがズレないように注意して、シート中央から前座面を左右に張ります。

手で巻き込むような感じにすると、張り具合を確認しながら張れるので、作業しやすいかと思います。

仮止めの針が邪魔な場合は抜いて打ち直します。
シート裏側です。

手で巻き込むような感じで作業するとやりやすいです。
1箇所タッカーの打ちにくい箇所が有りますが、作業自体は特に難しいところはないと覆います。

ちょっとゆるめかなって位に張るのが、ちょうどいいかと思います。
固めがお好みでしたら、ちょっときつく張ってみてください。

左右のバランスに注意して張っていきます。
張り終えたら真上からの確認を!
画像の箇所はシートベースの出っ張りがあるため、タッカーが打ちにくいです。

画像の様にかろうじてシートのフチに打ち込み可能ですので、しっかりタッカーを押し当てて作業してみてください。

ゼファー1100/RSはシートベース自体の厚みが結構あるので、脚長が6ミリのタッカー針であれば貫通したり、表側から触って針がわかるようなことは無いはずです。

針が浮く場合は、針をマイナスドライバー等でまっすぐ押し込んでやればOKです。

脚長の長いタッカー針をご使用の場合は、表側から触って要確認です。
画像の印の部分は少しシート皮が浮きますが、ココはシートの形状上どうしてもこうなります。

きつく張ることでシート皮の「浮き」は減らせますが、座った感じが固くなりますのでご注意ください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step7 シート前部の本張り
シート前部を本張りします。

仮止めの針をいったん抜いて、打ち直します。
シート前側です。

シートスポンジ先端と、シート皮のパイピングが沿うようにします。

ここもシートベースの出っ張りがあってタッカーが打ち込みにくいですが、画像の様な感じに打ち込み可能ですのでじっくりと!
シート表側です。

パイピングがキレイに沿わない場合はきつく張るのではなく、シート先端部分をもんでみてください。
シート皮とスポンジがなじむのでかなり改善されます。

きつく張ると、シート先端がかなり低くなってしまいますのでご注意を!

画像のシートもそうですが、シート先端はタンクと接するのでクセがついて変形していることが多いです。
サンドペーパー&綿などで修正すれば多少マシにはなりますが、スポンジが薄い箇所なので修正される場合はくれぐれも慎重に(^^;
シートとしてのカタチはほぼ出来上がりました。

シート先端近くまでZ2風の型押しが入る関係で、どうしてもシート先端は若干低くなってしまいます。

シート前座面の張りを少し緩くすることで、シート先端がスッキリ見える場合もありますので、シート先端のスポンジの痛みがひどい場合などは試してみてください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step8 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

余分を切り取る際は、くれぐれも怪我にご注意ください。


外したシートキャッチ金具、ベルトを取り付けます。
シート裏側です。
パイピング付近は、補強も兼ねてタッカーを重ね打ちしておくと安心です。

シートキャッチ金具を取り付けたら、ベルトのビスを通す穴をシート皮に開け、ベルトを取り付けます。

ビス穴は「プラスドライバーでグリグリ」でも何とかなりますが、「革ポンチでグリグリ」がキレイに穴が開いてオススメです。


画像クリックで拡大表示します。

  

step9 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

型押しがある分ズレや傾きに注意する必要があります。
最初の仮止めで左右のズレが無いように気をつけてください。

キレイに仕上げるコツは、作業ごとに真上からの確認をしっかり行うことでしょうか。


クリックで拡大します。
後ろからです。

パイピングが揃わず歪んでいると、不格好に見えますのでご注意ください。

何箇所かタッカーが打ちにくい箇所があることと、シート先端の張り加減以外は、強く張る箇所もなく特に難しいところはないかと思います。


クリックで拡大します。
横からです。

シート中央〜前座面にかけて少しシート皮が浮きますが、それくらいの張り具合でちょうどいいです。

強く張りすぎるとシート先端にしわ寄せが行きますのでほどほどに(^^;


クリックで拡大します。


実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

            ゼファー1100/RS用 Z2仕様 張り替えシート皮 商品詳細ページへ

           このページのトップへもどる


Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.