張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 レブル250(後期型) フロントシート張り替え手順

 飾りボタンの取り付けが面倒なほかは、特に難しいところのないシートです。
 ボタンの締め具合でシートの風合いが変化する、なかなか面白いシートだと思います。
 飾りボタン無しで張り替えを行う場合、飾りボタンに関する工程は不要ですので
 その部分は無視して作業を進めてください。(若干座面は緩くなります。)


 レブル250(後期型)フロント 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ
 レブル250(後期型)用張り替えシート皮 前後セット  商品詳細ページへ

 画面左のメニューがない印刷用ページはこちら

前準備その1 シート皮取り外し
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品

シート取り付け金具(部分)

取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ

10ミリのナットを緩めて、シート取り付け金具を取り外します。

3箇所のダンパーゴムは外さなくてもOKです。
張り替えやってみようのページを参考にタッカー針を抜きます。

シートからシートベースを取り外します。

一般的なシートだとシート皮をスポンジから剥がしますが、ボタンがあるので、レブルはシートベースを外します。

飾りボタンをとめている黒いプラスティックの押さえプレートが4箇所にあるので、コレを取り外します。
シート皮を再使用しないのであれば、糸を切って取り外すのが手っ取り早いです。

このプレートは再使用しますので無くさない様に!

  

前準備その2 飾りボタン取り付け
飾りボタン無しで張り替えを行う場合、飾りボタンに関する工程は不要ですので無視して進んでください。


切り開いて半分のサイズにした防水ビニールを被せます。

4箇所あるボタン穴の位置に合わせ、細身のドライバーなどを防水ビニールに突き刺して飾りボタンの留め糸を通す穴をあけておきます。

できるだけ水の浸入を防ぐためにも、なるべく小さい径の穴を開けてください。
ボタン取り付け穴をあける

シート皮の裏面には、4箇所のボタン取り付け位置がマークされていますので、マークの位置にキリなどをまっすぐに差し込み、糸を通す穴をあけます。

できるだけ水の浸入を防ぐためにも、なるべく小さい径の穴を開けてください。
シート皮にスポンジをはめ込みます

スポンジにシート皮を被せるのではなく、シート皮にスポンジをはめ込みます。

スポンジにボリュームがあるので、グッと押し込む感じになります。

後からの修正は難しいので、スポンジとシート皮に位置のズレや傾きがないか、充分に確認してください。
ずれていたらスポンジを外してやり直します。

まだシートベースは取り付けません。
飾りボタンの留め糸の結び目長さ(矢印の長さ)を調整します。

4つとも結び目までの長さが、約5.5cmになるようにしておきます。

ちょうどの長さに合わせるのはちょっと面倒な作業ですが、ここの長さで飾りボタンの沈み具合が決まりますので、じっくり作業してください。

多少長さにバラツキが出るかと思いますが、そういうときはボタンを以下の様に配置してください。
5.5cmよりちょっと長い2つ→シート前側に配置
5.5cmよりちょっと短い2つ→シート後ろ側に配置
ボタンを引き込む

スポンジ側の穴からシート皮付属の針金を通し、ボタンの留め糸を引っ掛けてスポンジ側へ引き込みます。

4箇所ありますが、ひとつずつ作業を進めます。
ボタンを固定する

留め糸をスポンジの裏側まで引き込んだら、留め糸を押さえプレートの切り欠きに通して引っ掛け、飾りボタンを固定します。

押さえプレートの切り欠きを留め糸に通しにくい場合は、表側からボタンを押し込んで糸にたるみを作るようにし、押さえプレートを斜めに立てるようにすると、入りやすいかと思います。

残る3箇所のボタンも同様に作業します。

二人でやると非常に楽ですが、一人だとちょっと大変です(^^;
4箇所のボタンを固定したところです。
だいたい画像の様な感じになっていればOKです。

ちょっと面倒な作業ですが、ボタンがピシッと収まっていると仕上がりがグッと良くなりますので、じっくり取り組んでください。

ボタン固定が完了しましたら、シートベースをはめ込みます。
外にはみ出た、余分な防水ビニールをスポンジとシートベースの間に挟むんでおくと、後で防水ビニールを切る手間が省けて仕上がりもキレイになります。

画像クリックで拡大表示します。

  

step1 シート前後の仮止め
シート前後を仮止めします。

張る強さは下記の画像をご参考ください。
シート前部の裏側です。

画像の
のように、2点ほどタッカーを打ち込みます。

中央部分はちょっと打ちにくいので、横側に打っておきます。

ちょっとタッカー打ちにくい所なんで、しっかり打ち込んでください。
シート後部の裏側です。

こちらも2〜3点タッカーを打ち込みます。

シートベースのフチとシート皮の縫い目が沿っていませんが、それでOKです。

この時点でシートベースのフチとシート皮の縫い目を合わせてしまうと、後々調整が効きませんので。
これで仮止め完了です。

概ねシート形状に沿った形になっていると思います。

中央のシワは
この後張っていくことで、シワの量を調節していきます。

好みにもよりますが、ボタンの沈み具合が甘いと感じた場合は、いったん針を抜いてボタンの固定をやり直してください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート座面後部を左右に張る
シート中央やや後ろより、ちょうど後ろ側のボタンのある辺りを左右に張ります。

片側に張り過ぎないようにご注意ください。

シート裏側です。

2〜3点ずつタッカーを打っておきます。

パイピングの高さが左右で異ならないよう、またパイピングがまっすぐキレイに揃うように、引っ張りすぎに注意してバランスよく張っていきます。
シートを横側から見たところです。

画像の矢印で示した長さが約10cmになるようにしておきます。

数値はあくまでも参考値です。
わざと緩めに張って、アメリカンらしい深いシワを残してみるのも面白いと思います。
まだまだ座面のシワは残っていますが、少しすっきりした感じになったと思います。

シート皮を被せた段階で大まかな形はできているので、ここは強く張るのではなく左右のバランスを重視して作業してください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート座面前部を左右に張る
シート中央やや前より、ちょうど前側のボタンのある辺りを左右に張ります。

片側に張り過ぎないようにご注意ください。

一方を張りすぎて、パイピングが斜めにならないようにご注意ください。
シート裏側です。

2〜3点ずつタッカーを打っておきます。

パイピングの高さが左右で異ならないよう、またパイピングがまっすぐキレイに揃うように、引っ張りすぎに注意してバランスよく張っていきます。
シートを横側から見たところです。

画像の矢印で示した長さが約8cmになるようにしておきます。

数値はあくまでも参考値です。
わざと緩めに張って、アメリカンらしい深いシワを残してみるのも面白いと思います。
パイピングの歪みがあると仕上がりがキレイに見えませんので、片側に張り過ぎないようにご注意ください。

シート座面のシワがまた少し少なくなってきたと思います。


画像クリックで拡大表示します。

    

step4 シート前部を張る
シート前部分を張っていきます。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん抜いて打ち直します。
シート裏側です。

左右の張り具合を見ながら、こまめにタッカーを打ち込みます。

中央部分はタッカーが打ちにくく、シートベースにタッカー針がしっかり刺さりきらないことがあります。

そういった場合はマイナスドライバーなどで、刺さりきらなかったタッカー針を押し込んでやります。

詳しくは下の画像をご参考ください。
こちらはレブルのリヤ用シートの画像です。
タッカー針押し込みの参考としてご覧ください。


刺さりきらないタッカー針は、画像の様に片側が浮いたようになっていると思います。

この浮いた方の針の肩部分を、マイナスドライバー等でゆっくり&まっすぐに押し込みます。

針がクシャッとつぶれた場合は、いったん抜いて打ち直して再トライください。
何回か繰り返せばコツはつかめるかと思います。
画像ではほどんど変わりがわかりませんが、前側がだいぶスッキリしたと思います。

タッカー針が打ちにくいですが、しっかりと止めるようにしてください。


画像クリックで拡大表示します。


  

step5 シート後部を張る
シート後部を張っていきます。

仮止めで打った針が邪魔になると思いますので、仮止めの針をいったん抜いて打ち直します。

一方を張りすぎて、パイピングが斜めにならないようにご注意ください。


入り組んでいてタッカーを打ち込みにくい形状です。
しっかりとタッカーを押し当てて打ち込んでいってください。
シート裏側です。

画像の様に、こまめにタッカーを打ち込みます。
シートベースのフチとシート皮の縫い目が概ね揃うようにします。

シートベースの起伏が大きく、またボルトも突き出ているためタッカーが打ちにくい箇所ですが、step4の「タッカー針押し込み」を参考に、しっかりとタッカーを打ちこんでください。

シートを斜め後ろから見たところです。

画像でもご確認いただけるかと思いますが、シートとシート皮の構造上、若干パイピングにヨレが生じます。

これでほぼ完成です。

レブルはシートスポンジの表面にフカフカの柔らかいスポンジシートを貼り付けた独特のシートスポンジですので、画像と同程度のシワは残ります。

このシワを取ろうと強めに張っても、ほとんど効果はありませんのでお気をつけください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step6 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いてきれいに打ち直します。

余分なシート皮を切り取ります。

外しておいたシート取り付け金具を取り付けます。
シート裏側です。

シート皮の縫いあわせ箇所は、ほつれ防止を兼ねて
タッカーを重ね打ちしておくと安心です。

  

step7 完成
完成です!
どうだったでしょうか?うまくできましたか?

斜め前からです。

飾りボタンの準備が面倒なことと、一部タッカーが打ち込みにくい点を除けば、特に難しいところ、苦労するところはないと思います。


画像クリックで拡大表示します。
斜め後ろからです。

画像のシートはシワ少なめで張っています。
少し緩めの張り具合にして、アメリカンらしくシワを多めに残してみるのも面白いかと思います。


画像クリックで拡大表示します。


実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。


          
                このページのトップへもどる


Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.