張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 
シート張替え スタンダード


 XL250Rパリ・ダカール シート張り替え手順
 
 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。

 シート前側の立ち上がりが急なシートですので、そこを重点的に張っていきます。
 最初の位置あわせ・仮止めでキチっと中心を出し、左右の張り具合のバランスを取って張っていきましょう。
 

 XL250Rパリ・ダカール用 張り替えシート皮 商品詳細ページへ

 画面左のメニューの無い印刷用ページはこちら
 
前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品
シート取り付け金具(印部分)

取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ

10ミリのナットを緩めてシート取り付け金具を取り外します。
(画像のシート取り付け金具は純正と異なります。)
張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

XL250Rパリ・ダカールの場合、半分では足りませんので片側を残して切り、大きな一枚のまま使用します。

  

step1 シート前後の仮止め
シート前部の中央、シート後部の左右(部)を仮止めします。

強く張る必要はありませんが、ズレ防止を兼ねて2〜3点タッカーを打っておきます。


後ろは位置あわせがしにくいので、中央ではなく左右で仮止めします。
シート前部の裏側です。

左右のズレに注意し、仮止めします。
合わせる位置ですが、画像の矢印の幅が約8cmになる位置に合わせます。

中央一点止めですとシート皮全体が左右に傾きやすいので、画像の様な感じで3点ほどタッカーを打ち込んでおきます。

全体の張り具合は、ふたつ下の画像を参考にしてください。
続いてシート後ろ側です。

左右一方に張り過ぎないようにバランスに注意して、仮止めします。

前側に比べ、少し強めに張ることで、シートスポンジのカドとシート皮の縫い目の位置が合うようにします。
詳しくは下の画像を参考にしてください。

こちらも前側同様傾かないように2〜3点タッカーを打ち込みます。

シート後ろ表側です。

後ろを仮止めする際に左右にやや強く張り、シートスポンジ後端のカドとシート皮の縫い目が合うようにします。(画像の矢印部分)
これで仮止め完了です。

全体的に見て画像のような感じになっていればOKです。

この時点で左右のズレがないかを、よく確認しておいてください。

もしずれているようなら、針を外して再度仮止めを行います。ここは焦らずじっくりとズレのないように!

画像クリックで拡大表示します。

OKですか?では本張りに行きましょう!

  

step2 シート中央前寄りを左右に張る
シート中央の前寄りあたりを左右に張ります。

上からの画像では位置がわかりにくいので、下のシート裏側の画像をご参考ください。

左右のバランスに注意します。
シート裏側です。

画像のあたりを左右に張ります。
左右どちらか一方に張り過ぎないように注意してください。

張る強さですが下の画像を参考に、大まかにシート形状に沿うようにします。
シート表側です。

上から見るとこんな感じです。
まだまだシワは多く残りますが、この段階ではそれでOKです。

左右のズレや、片側に引っ張りすぎに注意してください。
画像の様な感じで、全体的に見てシート前部の形状が大まかに確認できればOKです。

たるみやシワはあとの工程で取れていきますので、ここでは左右のズレや傾きに注意しておきます。

ここは仮止めの延長程度に考えていただいてOKです。


画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート中央を斜め後ろへ張る
シート中央部分を斜め後ろ方向に張ります。

シート前方立ち上がり部に残ったシワを、少なくする感じで張っていきます。
シート裏側です。

画像のあたりを斜め後ろに張ります。
左右どちらか一方に張り過ぎないように注意してください。

張る強さですが下の画像を参考にしてください。

ちょうどシートベースのフチの部分を掴むような格好で、シート裏側にシート皮を手で巻き込むようにすると、張り具合を確認できて作業しやすいかと思います。
全体で見るとこんな感じです。

斜め後ろ方向に張ったことで、立ち上がり箇所のシワ・たるみも若干取れてきました。


ここも左右どちらかに偏らないように注意して張ってください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step4 シート前方 立ち上がり部を張る
シート前方の立ち上がり部分を、斜め前へ張っていきます。

シート裏側です。

画像のあたりを斜め前へ張ります。
左右どちらか一方に張り過ぎないように注意してください。

張る強さですが下の画像を参考にしてください。

ここも、シート裏側にシート皮を手で巻き込むようにすると、張り具合を確認できて作業しやすいかと思います。
シート先端部分です。

画像の様な感じになっていればOKです。
左右どちらか一方に張り過ぎないように注意してください。
全体で見るとこんな感じです。

まだたるみは残っているものの、立ち上がり箇所がだいぶすっきり見てるようになったと思います。

また斜め前方向に張ったことで、シート座面中央あたりにあったシワ・たるみも一緒に取れいるはずです。


ここも左右どちらかに偏らないように注意して張ってください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step5 シート前部の本張り
シート前部を本張りします。
立ち上がり箇所に残るたるみ・シワを取っていきます。

仮止めで打っておいた針が邪魔な場合は、いったん抜いて打ち直します。
シート裏側です。

シワが表側に出ないように、細かくタッカーを打っていきます。

1回では、シワをキレイに取りきれないと思いますので、様子を見ながら何度かタッカー打ちなおす必要があると思います。

張る強さや仕上がりの判断には、下の画像をご参考ください。

ここも、シート裏側にシート皮を手で巻き込むようにすると、張り具合を確認できて作業しやすいかと思います。
表から見たところです。

シートの形状上、多少はシート皮が浮いた感じになりますが、こんな感じで立ち上がり部分のシワ・たるみが取れていればOKです。

シワ・たるみがどうしても残ってしまう場合は、Step3の要領で少しシート皮を斜め後ろへ張ってみてください。
全体で見るとこんな感じです。
ほぼシートとしてのカタチになったと思います。

ここはこのシートの一番の難所ですので、ちょっと面倒な作業になりますが、じっくり作業してください。


画像クリックで拡大します。

  

step6 シート後部の本張り
シート後部を本張りします。

仮止めで打っておいた針が邪魔な場合は、いったん抜いて打ち直します。
シート裏側です。

画像の様な感じに、なるべくシワが表側に出ないようタッカーを細かく打っていきます。

カドの部分はシート皮を重ねて畳み、タッカーで固定しておくとスッキリ仕上がります。

シートを後ろから見たところです。

シート皮の縫い目が歪んでしまうと仕上がりが良く見えません。

画像の様な感じで、縫い目がまっすぐになるようにします。
全体で見るとこんな感じです。

後は座面の張り具合を調整する程度で、シートとしてはほとんど完成した状態になっているはずです。


画像クリックで拡大します。

  

step7 座面を左右に張る
シートの座面を左右に張ります。

座面に残った僅かなたるみを調整して張っていきます。

大きなたるみ等はまず残っていないでしょうし、軽く張れば充分なはずです。
シート裏側です。

画像のようにまんべんなくタッカーを打ち込んでいきます。

座面の張りはちょっと緩いかな?位にしておくと丁度いいです。
これでほぼ完成です。
ここは特に難しいところはないと思います。

張り具合は緩め推奨ですが、もちろんお好みで強めに張ってもOKです。

ここら辺の具合を自分で調整できるのも、張り替えの楽しいところだと思いますので(^^


画像クリックで拡大します。

  

step8 バランス調整、付属品取り付け
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

XL250Rパリ・ダカールは余分が少ないですし、切り取らなくても大丈夫だと思いますが、お好みで。
シート取り付け金具を取り付けます。

画像のシート取り付け金具は純正と異なりますが、固定方法は同じです。

  

step9 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

最初はシワが取れなくて不安かもしれませんが、手順を踏んで張っていけばこの通りちゃんと仕上がります。

縫い目など「線」の多いシートなので線がきれいに出ていると非常にきれいに見えます。


クリックで拡大します。

後ろからです。

シート前部の立ち上がり箇所を除けば、それほど難しくもなく張り替えられるシートだと思います。

左右にズレやすいので、ズレにだけご注意ください。
最初の仮止めをしっかりと!


クリックで拡大します。


実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

           XL250Rパリ・ダカール用 張り替えシート皮 商品詳細ページへ

           このページのトップへもどる



Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.