張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 
シート張替え スタンダード


 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。

 ストリーム シート張り替え手順

 シート後部の背もたれ部分が面倒なところを除けば、特に難しいところのないシートです。
 キレイに張るには、シート後部の位置合わせ等をしっかり行ってください。


 ストリーム用 張り替えシート皮 商品詳細ページへ

 画面左のメニューの無い印刷用ページはこちら

前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品(
部分)
シートヒンジ

取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ

10ミリのナット2箇所を緩めて、シートヒンジを取り外します。

シートヒンジは3段階に位置を変更できる構造なので、当初の取り付け位置をメモやデジカメ等で控えておいてください。
張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

ストリームの場合でしたら半分にすれば足りるはずです。

  

step1 シート前部の仮止め
シート前後を仮止めします。(部)

シート皮のズレ、傾きに注意して仮止めしてください。
シート前の裏側です。

シート先端からシート皮のフチまでが約3cmになる位置で、タッカーを2〜3点仮止めします。


仮止め後、シート皮が左右どちらか一方に寄っていないか確認してください。


片側に寄っている場合は、針を外して再度仮止めします。
シート後部を後ろから見たところです。

シート後端からパイピングまでの画像の部分の長さが、約7.5cmになるくらいの位置に仮止めしますです。

こちらも前側同様2〜3点止めで!

仮止め後、シート皮が左右どちらか一方に寄っていないか確認してください。

片側に寄っている場合は、針を外して再度仮止めします。
これで仮止め完了です。

シート座面はスポンジから浮いた状態になっていると思いますが、この段階ではそれでOKです。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか確認することです。


ずれている場合は針を外して再度仮止めを行います。

OKですか?では本張りに行きましょう!

  

step2 シート中央を左右に張る
シート中央部分を左右に張ります。

左右一方に張り過ぎないようにご注意ください。
シート裏側です。

シート中央の浮きが少なくなるように、左右に張ってたるみを取っていきます。

手で巻き込むようにして張り具合を確かめると、やりやすいと思います。
背もたれ部分のあたりはたるんでいますが、それでOKです。

パイピングがあるため、左右一方に張り過ぎてしまうと片寄りが目立ちます。

パイピングの位置がが左右で違って見える場合は、いったん針を外して再度張りなおしてください。


クリックで拡大します。

  

step3 シート背もたれを斜め後ろに張る
シート後部の背もたれ部分を、斜め後ろ方向へ張ります。

左右一方に張り過ぎないようにご注意ください。
シート裏側です。

ここもSTEP2同様、手で巻き込むようにして張り具合を確かめると、やりやすいと思います。

どのような感じになるかは、下の側面画像をご参考ください。
シート側面です。

おおむね画像の様な感じであればOKです。

かなり立ち上がり角度のキツイ背もたれ部分なので、ここは少し強めに張っておきます。
斜めから見るとこんな感じです。

かなり立ち上がり角度のキツイ背もたれ部分なので、ここは少し強めに張っておきます。

左右一方に張り過ぎないようにご注意ください。


クリックで拡大します。

  

step4 シート後部の本張り
シート後部を本張りします。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん仮止めの針を抜いて打ち直します。

シート裏側です。

画像の様にシワが表に出ないように、細かくタッカーを打っていきます。

張る強さは下の画像をご参考ください。
シート後部を後ろから見たところです。

シート後端からパイピングまでの画像の部分の長さが、約6.5cmになるくらいの位置に仮止めしますです。

このとき、パイピングが斜めになったり歪んでいないように気をつけてください。

パイピングがキレイに揃っていないと、仕上がりがキレイに見えませんので。
だいぶスッキリしてきました。
ほぼシートの形ができてきたかと思います。

ここではパイピングの歪みに注意して張っていってください。


クリックで拡大表示します。

  

step5 シート座面を左右に張る
シート座面を左右に張ります。

左右一方に張り過ぎないようにご注意ください。
シート裏側です。

ここも手で巻き込むようにして、シートの張り具合を確認しながら張っていきます。

あまり強く張るとシートが硬くなりますのでご注意ください。
おそらくシワ・たるみは残っていないと思いますし、強く張る必要はないと思います。

左右のバランスを見ながら、軽く張っていけばOKです。


クリックで拡大表示します。

  

step6 前部本張り
シート前部を本張りします。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん仮止めの針を抜いて打ち直します。
シート裏側です。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん仮止めの針を抜いて打ち直します。

ここもたるみが残っていなければ、軽く張っていくだけでOKです。
最初の仮止めがしっかり行われていれば、特に難しいところは無いと思います。


クリックで拡大表示します。

  

step7 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いてきれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

外しておいたシートヒンジを取り付けます。

シートヒンジを取り付けます。

シートベースに3箇所、ヒンジの位置合わせの凹みがありますので、分解前の位置に合わせてヒンジを取り付けます。

  

step8 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

斜め前からです。


最初は背もたれ部あたりのシワが取れなくて不安かもしれませんが、じっくり作業いただければ画像の様な感じに仕上がります。


クリックで拡大します。

斜め後ろからです。


シート後部のパイピングをそろえることが、シートをきれいに見せるコツです。

左右のズレにもご注意を!


クリックで拡大します。

横からです。

背もたれ部中央がが多少緩い張り具合になるのは、シートの形状上仕方がないところです。


クリックで拡大します。




実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

           ストリーム 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ

           このページのトップへもどる



Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.