張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 MC22型 CBR250RR用 リヤシート張り替え手順
 
 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。

 シンプルなシート形状なのでシート皮を被せてしまえば、張り替え作業自体は難しくありません。 
 前穂の縫製箇所の縫い目が揃うように、じっくりと作業することがキレイに仕上げるコツだと思います。

 MC22型CBR250RR用 張り替えシート皮 商品詳細ページへ
 

 画面左のメニューがない印刷用ページはコチラ

前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品
シートヒンジ金具

ベルト(
印)

印の10ミリナット二箇所でシートベルトとシートヒンジ金具が共締めされておりますので、これを緩めて取り外します。
張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

MC22型CBR250RRリヤシートの場合でしたら半分にすれば足りるはずです。

前後のわかりにくいシート皮ですが、シート皮の裏側に「F」とマークしてある方が前側になります。

  

step1 シート前後の仮止め
シート皮を被せ、前後部を仮止めします。

前はシート皮の縫い目とスポンジのカドが、後ろはシート後端とシート皮の縫い目がだいたい合う位置で仮止めします。

仮止めとはいえシンプルな形状のシートのため、ほぼ本張りと同じような作業となります。
シート前部の裏側です。

左右のズレに注意して、2〜3箇所タッカーを打ち込みます。

シート皮を合わせる位置ですが、シート表側のシート皮の縫い目とスポンジのカドを合わせるようにします。

詳しくは下の表側画像をご参考ください。
シート前部の表側です。

シート皮の縫い目がスポンジのカド(
印)に沿うような位置に合わせます。

縫い目が歪んでいるとキレイな仕上がりになりませんので、ご注意ください。

シート後部の裏側です。

後ろ側も 左右のズレに注意して、2〜3箇所タッカーを打ち込みます。

ここはややきつめに張ることとなりますので、しっかりとタッカーを打ち込んでおきます。

シート皮の縫い目がシート後端に沿う位置で合わせるようにします。

詳しくは下の表側画像をご参考ください。
シート後部の表側です。

シート皮の縫い目が
シートの後端に沿うような位置に合わせます。

縫い目が歪んでいるとキレイな仕上がりになりませんので、ご注意ください。


これで仮止め完了です。

画像のようにほぼシート形状に沿ったカタチになっていると思います。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか確認することです。


仮止め後、シート皮が左右どちらか一方に寄っていないか確認してください。
ずれている場合は針を外して再度仮止めを行いましょう。

OKですか?では本張りに行きましょう!

画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート前カドを左右に張る
シート前カド部分を左右に張ります。

左右のバランスにご注意ください。
シート前部の裏側です。

左右どちらか一方に張りすぎないように注意して張ります。

一度に張ると片側に大きくずれてしまうという場合は、何回かに分けて張るとずれにくいかと思います。
シート前カド部分のアップです。

ベルトの通る部分は、スポンジが一段凹んでいますので、画像の様な感じになります。
画像の様に、シートの前部の縫い合わせがスッキリ見えればOKです。

ちょっとタッカーが打ちにくいかもしれませんが、タッカーを押し当ててしっかり打ち込んでおいてください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート後ろカドを張る
シート後ろカド部分を左右に張ります。

左右のバランスにご注意ください。
シート後部の裏側です。

左右どちらか一方に張りすぎないように注意して張ります。

一度に張ると片側に大きくずれてしまうという場合は、何回かに分けて張るとずれにくいかと思います。
シート後ろカド部分のアップです。

この部分はスポンジが非常に薄く、ほぼ直接シート皮がシートベースに被さるようなカタチになるので、ちょっとゴツゴツした感じになります。
ほとんどシートとしてのカタチはできていると思います。
後はほとんど調整程度の作業になります。


画像クリックで拡大表示します。

  

step4 シート中央を左右張る
シート中央部分を左右に張ります。
シート裏側です。

座面にたるみが出ない程度に、軽く張っていきます。
強く張る必要はありません。
ほとんど見た目には変わりませんが、これでほぼ完成です。

この工程では難しいところは何もないかと思います。


画像クリックで拡大表示します。

  

step5 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

取り外しておいたシートベルトとシートヒンジ金具を取り付けます。
シート裏側です。

あいたスペースがあれば、タッカーを細かく打っておきましょう。

縫製箇所には、タッカーを二度打ちしておくと良いかと思います。

ちなみにシートヒンジの上にベルトが乗っかる形となります。
シート表側です。

画像は純正のベルトを使用していますが、純正ベルトはやや光沢のある生地のため、シート皮の生地とは質感が異なります。

シート皮に付属のベルトはシート皮と同生地ですので、こちらをお使いいただければ統一した質感で張り替えいただけます。

  

step8 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

斜め前からです。

※画像は純正のベルトを使用しています。
最初にシート皮を被せるのが、ちときついですがそれ以降は特に難しいところの無いシートだと思います。

縫い目がキレイに揃うようにだけお気をつけください。


クリックで拡大します。

斜め後ろからです。

※画像は純正のベルトを使用しています。

最初の仮止めでしっかり縫い目を合わせていれば、まずキレイに仕上がるかと思います。


クリックで拡大します。


実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

           MC22型CBR250RR用 張り替えシート皮 商品詳細ページへ


このページのトップへもどる




Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.