張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 シルクロード シート張り替え手順
 
 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。

 シルクロードはベーシックな箱型のシート形状で非常に張りやすいシートです。
 仮止めでの段階でズレがない様にだけ注意すれば、初めての方でも特に問題なく張り替え可能だと思います。
 


 シルクロード用張り替えシート皮  商品詳細ページへ


 画面左のメニューがない印刷用ページはコチラ

前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品
シート取り付け金具(
印)

取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ

シート取り付け金具は左右それぞれ2つの10ミリナットで固定されていますので。これを緩めて取り外します。
張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

シルクロードの場合でしたら半分にすれば足りるはずです。

  

step1 シート前後部の仮止め
シート前後部を仮止めします。

前はシート皮のパイピングとスポンジのカドがだいたい合う位置で仮止めします。

後ろはシート端からパイピングまでの長さを目安にします。

シート前部の裏側です。

シート皮のパイピングとシートスポンジの先端位置を合わせて仮止めします。

画像では1点止めですがシート皮のズレを防止するためにも、できれば
2〜3点タッカーを打ち込んで止めます。
シート表側です。

こんな感じでシートスポンジ先端とパイピングが沿うようにします。

シート皮が左右どちらかにズレたり、傾いたりしないように注意してください。
シート後部の裏側です。

後部はシート端からパイピングまでの長さを目安に仮止めします。

詳しくは下の画像をご参考ください。

左右のズレに注意して、2〜3箇所タッカーを打ち込みます。
シート真後ろから見たところです。

画像の矢印位置が約7〜7.5cmになるようにします。

これで仮止め完了です。

画像のようにシート皮が浮いたようになっていると思いますが、それでOKです。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか確認することです。


仮止め後、シート皮が左右どちらか一方に寄っていないか確認してください。
ずれている場合は針を外して再度仮止めを行いましょう。

OKですか?では本張りに行きましょう!

画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート中央を左右に張る
シート中央やや後ろ部分を左右に張ります。

左右のバランスにご注意ください。
シート裏側です。

左右どちらか一方に張りすぎないように注意して張ります。

一度に張ると片側に大きくずれてしまうという場合は、何回かに分けて張るとずれにくいかと思います。

張った後にシートを真上から見て、型押しの見え具合で左右のズレを確認するとマチガイがないかと思います。
シート皮の浮きが少なくなり、若干スッキリ見えるようになったと思います。

張り具合は後で調整できますので、気持ち緩めくらいの張り具合でOKです。


画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート前カド部分を張る
シート前カド部分をななめ前に張ります。

ここも左右のバランスにご注意ください。
シート裏側です。

印部のように、シート皮のパイピングとシートベースのフチが沿うように張っていきます。
どちらか一方に張りすぎないようにご注意ください。

手で巻き込む感じにすると張りやすいかと思います。

ここも2〜3点タッカーを打ちます。
パイピングが沿うとキレイに見えますのでココはじっくりと。

画像クリックで拡大表示します。

  

step4 後部本張り
シート後部を本張りします。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん外して打ち直します。
シート後部の裏側です。

張る強さはシート端からパイピングまでの長さを目安にします。詳しくは下の画像をご参考ください。

シワが表側から見えないように、画像の様な感じで細かくタッカーを打ち込みます。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん外して打ち直します。
シート真後ろから見たところです。

画像の矢印位置が約7cmになるようにします。

画像の様にパイピングがまっすぐ揃っていることを確認します。
左右一方に張りすぎていたりすると、イピングが歪んで仕上がりが良く見えませんのでご注意ください。
画像ではわかりにくいですが、シート後ろ側のたるみが取れてピシッとした感じになっていると思います。


画像クリックで拡大表示します。

  

step5 前部本張り
シート前部を本張りします。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん外して打ち直します。
シート後部の裏側です。

パイピングがシートスポンジ先端の形状に沿うように張っていきます。

仮止めの段階で大体の位置が合っていますので、特に強く張る必要は無いと思います。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん外して打ち直します。
仮止めで大体の位置が合っていますので、見た目の変化はほとんどないと思います。

シートの先端のパイピングがきれいに揃わない場合は、きつく張るのではなくこの部分をもんでみてください。

シート皮とスポンジがなじむのでかなり改善されます


画像クリックで拡大表示します。

  

step6 座面を張る
シート座面部分を左右に張ります。

ここも左右のバランスにご注意ください。
シート裏側です。

左右のバランスに注意して張っていきます。

強く張ると固めの、ゆるく張ると柔らかめのシートになります。
ココはお好みでどうぞ。

画像の
印部分は、シートベースの出っ張りがあってタッカーを打ち込めません。
この部分の両隣をしっかり張っておけば特に問題は無いですが、気になる場合は画鋲などでとめておくといいかと思います。
ほぼ完成です。

純正に近い感じにする場合は、気持ち緩いかな?と感じるくらいの張り具合でちょうどいいと思います。



画像クリックで拡大表示します。

  

step7 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

外しておいたシート取り付け金具を取り付けます。
シート裏側です。

金具の取り付け向きなどは画像をご参考ください。

余分を切り取る際は、くれぐれもケガにお気をつけください。

画像クリックで拡大表示します。

  

step8 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

シート形状に合わせたシート皮ですのでグイグイ引っ張らなくてもこの通りちゃんと仕上がります。

シルクロードはかぶせて仮止めすれば大体のカタチになるシートですので、特に難しいところはなかったと思います。


クリックで拡大します。

後ろからです。

後部のパイピングが傾いていたり歪んでいるとキレイに見えませんので、左右のバランスにはご注意ください。


クリックで拡大します。

実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

        シルクロード用張り替えシート皮  商品詳細ページへ

           このページのトップへもどる


Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.