張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 
シート張替え スタンダード



実験のお題目:カスタムシートを補修する!

社外品のカスタムシートのシートベースにはFRPが多く使われていますが、
FRPシートベースにはタッカーが打ち込めないため、シート皮の固定に接着剤を使っているものがほとんどです。
そのため接着剤剥がれによるシート皮の浮きというFRPシートベース特有の問題が起きることがあります。

部分的な「浮き」であれば補修は比較的簡単ですので、被害が大きくなる前に補修しましょう!

実験サンプルはエストレヤ用のカスタムシートです。

ではやってみましょう!(画像クリックで拡大、または別画像を表示します。)

リペア前
左前のあたりが少し破れ、そこから中央にかけて接着剤が剥がれてシート皮が浮いています。

使用するのは左から、
脱脂用のうすめ液(パーツクリーナ等でも代用可)
接着剤(コニシボンドのウルトラ多用途SU)
洗濯バサミ多数
紙やすり(120番〜240番くらいのもの)
以上です。

ボンドはゴム系接着剤であれば何でもOKですが、上記のものが接着強度・接着早さに優れていてオススメです。

画像クリックで浮いた部分を表示します。
シートベース接着面の足付け
シートベースに残った古い接着剤を擦り取ります。

結構つるつるした状態のものが多いので、紙やすりでFRPシートベースの接着面を荒します。

接着面が画像のようにつやの無い感じになればOKです。

うすめ液(パーツクリーナ)で接着面を脱脂します。

脱脂にシンナーを使っても結構ですが、シート皮に付くと生地を溶かしてべたつきますのでご注意ください。
うすめ液も若干シート皮を侵しますが、すぐにふき取れば問題ないレベルです。
※シート皮によります。全てそうなるうわけではございません
接着剤を塗る
荒らした部分に接着剤を薄く塗り広げます。
ちょっと分かりにくいのですが、つやが戻っている部分が接着剤を塗った所です。


すぐにシート皮をかぶせずに、接着剤を触って指に付かなくなるまでしばらく時間を置きます。

チューブタイヤのパンク修理経験のある方はご存知かと思いますが、こうした方が接着効果が高まります。

キン肉マンのツタンカーメンの技「ミイラパッケージ」を思い出します(笑)
シート皮を被せる
シート座面をぐっと押さえ込みながら、手で巻き込むようにシート皮を被せます。

座面を押し込んでスポンジを縮めることで、シート皮に余裕ができるので、そこをすかさず巻き込む・・・といった感じです。

ある程度シート皮にクセが付いているはずですので、それなりの位置に収まると思いますが、何回か練習して感覚をつかんでおいたほうがいいかもしれません。
洗濯バサミで固定します
シート皮を巻き込んだら、すかさず洗濯バサミで固定していきます。

とりあえず接着部分全体を固定してしまい、その後で細かく位置を合わせて挟みなおすのがいいと思います。

なるべき隙間なくびっしりと固定したほうがベストです。
画像のだと少し少ないです(^^;

画像クリックで裏側を表示します。
ひとまず補修完了・・・
充分な乾燥時間をおき、洗濯バサミを取り外します。
一日も置けばまず大丈夫でしょう。

だらしなく浮いたところが無くなり、非常にいい感じです。
これならまだまだ使えます(^^




クリックで裏側の接着面を表示します。
分かりにくい部分ですが、若干破れが表に出てしまいました。

シート皮についているクセのせいで、元々の位置以上に引っ張るのは難しいかもしれません。




クリックで裏側を表示します。
ちょっとひと手間加えてみたり・・・
接着剤止めのシートでは、こんな感じでシワができている部分があるかと思います。

こういうシワで少し浮いた部分が、接着剤剥がれのきっかけになりますので、ニッパーでシワの山を切っておくと剥がれ防止になります。



クリックでカット後を表示します。

さらにひと手間加えてみたり・・・
○印部分にこすれた跡があり、ゲルコート(FRPの上塗り部分)が擦れてガラス繊維を固めた部分が見えています。

固められたガラス繊維はいわばやすりの様なモノですので、このままにしておくとこすれた相手側(フレームやタンクなど)にダメージを与えてしまいます。

このような擦り跡があれば、シート、または相手側のこすれた部分にゴムやスポンジ、テープなどを貼って保護しておきましょう。

クリックで
○印部分を拡大します。
このシートはちゃんとダンパーゴム(○印部分)が付いていますが、カスタムシートの中にはこういったゴムが付いておらず、フレーム等にシートが直に当たっているものもあります。

そういったシートはFRPがフレーム等に擦れてダメージを与えがちですので、薄手のゴム板やスポンジシートで当たりを和らげておきましょう。

厚手のものだとシートが浮いてしまい、シートベースの破損につながる可能性がありますので使用しないでください。


カスタムシートのシート補修、いかがだったでしょうか?

基本的にスタンダードでは純正シートを中心にコンテンツを製作していますが、街中でもこういった
「チョイ浮きカスタムシート」を見かけることが多かったので載せてみました。

軽度の浮きや剥がれでしたら充分補修できますので、せっかくのカスタムシートがダメにならないように
早めに補修してみてください。
1箇所剥がれると、一定の範囲まではけっこうなスピードで広がりますので、接着剤止めのカスタムシートは
こまめにチェックしたほうがいいと思います。

FRPのガラス繊維を固めた部分が出てしまうと厄介ですので、取り外したときには擦れのチェックもしておいた方が
いいと思います。
特に振動の大きい単気筒のバイクなどは、要注意です。
シートベースとフレームに挟まれたシート皮が振動で擦れてふちが破れ、
シートベースはフレームに直に当たりフレームを削り出します。さらに破れた所から水がしみこむと、
削れて鉄がむき出しのフレームに常に水分がかかるため、一気に錆が進行します。

画像はSR400ですが、こんな感じで部分的にガッツリ錆が出ますので要チェックです(--;
                


これを機にシートを外してチェックしてみてはどうでしょうか?


           このページのトップへもどる



Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.