張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 XR250/XR250BAJA シート張り替え手順

 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。
 灰色/黒のシート皮も形状は同じですので、こちらの手順で張り替えいただけます。


 シート先端部分のシートスポンジがせり出してシートベースにかぶさるようになっているため、
 先端部分の張り加減が難しいシートです。
 きつく張ってしまうと先端部分の形状がズレますのでご注意ください。

 XR250/XR250BAJA 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ(赤/黒)
 XR250BAJA 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ(灰色/黒)

 画面左のメニューの無い印刷用ページはこちら
 
前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品
ベルト部分)

取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ

ベルトは10ミリのナットで取り付けられていますので、左右2箇所ナットを緩めてベルトを取り外します。

張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

XR250/XR250BAJAの場合でしたら半分にすれば足りるはずです。

  

step1 シート後部の仮止め
シート後部、左右部分(部)を仮止めします。

まずシート後側をとめておき、次に左右をとめます。
シート後ろ側部分です。

シートのフチとシート皮の縫い目を合わせる感じで仮止めします。

2〜3点止めで。
シート左右部分です。
丁度カドになっているところです。

左右のズレに注意して、カドに引っ掛ける感じでとめておきます。


強く張りませんので、一点止めでも大丈夫だと思います。
これで仮止め完了です。

画像のようにシート座面はダルダルになっていると思いますが、それでOKです。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか確認することです。


ずれている場合は針を外して再度仮止めを行います。

OKですか?では本張りに行きましょう!


画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート先端部の仮止め
シート座面前側。先端部を左右に張っていきます。

張る強さですが、シート皮の縫い目が若干内側に入るようにします。
画像の様にシート皮の縫い目が内側に来るようにします。

シート先端部分はシートベースのフチにスポンジがかぶさった様になっていますので、強く張りすぎないようにご注意ください。

きつく張るとシート皮がスポンジを潰すような形となるため、フチがキレイに張れません。
シート先端部分はかぶさった分のスポンジのせいで、緩いといいますか、ピシッと張れない頼りない感じの張り具合となります。

まだ座面には多少のシワは残っていると思います。
今の段階ではある程度緩めに張っておいて、後で微調整していきましょう。


画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート左右張り
シート中央部分をやや斜め後ろ方向へ張ります。

座面の大きなたるみ・シワを取るようにします。
シート裏側です。
シート皮の縫い合わせている辺りを左右に張っていきます。

座面の大きなたるみ・シワが取れるように、やや強めに張ります。

ここも2〜3点止めします。
起伏の大きいシート形状なので、座面の小さなたるみはまだ取りきれませんがこれくらいでOKです。


画像クリックで拡大表示します。

  

step4 前後本張り
シート後部に仮止めで打った針を外し、シート後部を本張りします。

シート前部を本張りします。

シート後端部です。

シート後部の仮止めの針を外し、座面のシワを取る感じで張っていきます。

もしシート前側の座面のシワが目立つようなら、後ろへ少し強く張ってやると良いかもしれません。
シート先端部分の裏側&表側です。

画像(上)の様な感じで、シート皮の縫い目が内側に来るようにします。

矢印部分の様に、裏側からみるとフチの部分がデコボコしていますが、表側のフチは目立ってデコボコが見えることはないと思います。

画像の(下)の緑矢印部分は二種類の生地を縫い合わせているため、どうしても縫いしろの跡が出てしまいます。

縫い合わせではなく、純正の様に溶着で生地を繋げられればこうはならないのですが・・・

シート後部もスッキリしました。

画像ではあまり違いが分かりませんが、実際は座面のたるみがだいぶスッキリしていると思います。


画像クリックで拡大表示します。

  

step5 シート左右張り
前後のシート座面部分を左右へ張ります。

座面のたるみ・シワを取るようにします。
シート前座面の裏側です。

仮止めの針を外し、
シート皮の縫い合わせている辺りを左右に張っていきます。

座面のたるみ・シワが取れるように、やや強めに張ります。

シート後ろ座面の裏側です。

後ろは前に比べ、強く張る必要はほとんどないと思います。

座面のたるみ・シワが取れるように張ります。

ステーが生えているところはタッカー打てませんので、ステーの両側をしっかりとめておきましょう。
画像ではあまり違いが分かりませんが、実際は座面のたるみがだいぶスッキリしていると思います。


画像クリックで拡大表示します。

                               

step6 シート前部左右張り
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

外したシートベルトを取り付けます。

ケガにはくれぐれもご注意ください。
シートベルトですが、ベルト金具がない場合は必ずワッシャを入れて力が全体的にかかるようにしてください。

もちろん帯芯は入っていますが、力が一部分にかかるのはあまり良くないですので。

    

step7 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

シート先端の張り加減が難しいシートです。

縫製で仕立ててありますので、先端部分はどうしても縫い合わせ部分の跡が表に出てしまいます。



クリックで拡大します。
後ろからです。

シート後側に関しては難しいところはないと思います。

もしシート前側の座面のシワが目立つようなら、後ろへ少し強く張ってやると良いかもしれません。



クリックで拡大します。

真横からです。

ある程度緩めで張っておいて、step6で張り具合を調整するといい感じになるかと思います。



クリックで拡大します。



実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

          XR250/XR250BAJA 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ(赤/黒)
           XR250BAJA 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ(灰色/黒)

           このページのトップへもどる


Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.