張替え用シート皮販売・張替え支援サイト スタンダード
 
ホンダ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
カワサキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
ヤマハ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
スズキ車用張替えシート皮 販売・詳細ページへ
アウトレットシート皮等 販売・詳細ページへ
汎用シート小部品 販売・詳細ページへ
ご注文方法をご説明いたします
お支払い方法ならびに送料のご説明です
交換・返品方法についてのご説明です
特定商取引法に基づく表記
張替え方法の大まかな流れをご説明します
張替えに必要な道具の説明です
車種ごとに張替えの詳細を解説しています
張替えに使える?ちょっとしたワザです
?な言葉がありましたらコチラで
いろいろやっていきます
スタンダード張替え掲示板へ
ご不明な点やご意見がありましたらお気軽にどうぞ
Q&A集です
 



 GB250クラブマン(5型) シート張り替え手順
 
 張り替え手順で使用しているシート皮は、生産ロットにより販売しているものと一部異なる場合がございます。

 5型のGB250クラブマンは、シートの構造上後部のスポンジが非常に薄く、長いタッカー針だと跡が目立ちます。
 脚長が6ミリのタッカー針をご使用ください。
 シート後部のバランスに注意する以外は特に難しいところも無いですし、ぜひチャレンジしてください。
 

 GB250クラブマン5型 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ

 画面左のメニューがない印刷用ページはコチラ

前準備
作業時は必ず保護メガネを着用してください。

張り替えに際して外しておく部品
シートキャッチ金具シートベルト(
印)

取り外しに必要な工具
10ミリのレンチ(印部分)

10ミリのナットでベルトとシートキャッチ金具が共締めされていますので、ナットを緩めてベルト、シートキャッチ金具を取り外します。

矢印部分のビスは
外さないでください。
張り替えやってみようのページを参考に古いシート皮を剥がし、防水ビニール、シート皮の順にシートにかぶせます。

防水ビニールは袋状になっていますので、必要なサイズに切り開いて使用します。

GB250クラブマンの場合でしたら半分にすれば足りるはずです。

スポンジ後部の色が違うのは、この部分がビス止めの別パーツになっているためです。
この部分は非常にスポンジが薄い上げ底構造ですので、タッカー針は短いもの(6ミリ)を使用してください。

  

step1 シート前後部の仮止め
シート後部を仮止めします。
次に前部の左右カド部分を
仮止めします。

シート前部中央部分はスポンジがせり出した形状ですので位置がずれやすく、左右部分でしたほうが確実です。


仮止め後、シート皮が左右どちらか一方に寄っていないか確認してください。

片側に寄っている場合は、いったん針を外して再度仮止めします。
シート後部の出っ張った部分に、ちょうどシート皮の縫い合わせが来る辺りで仮止めします。

左右のズレに注意して、1〜2箇所タッカーを打ち込みます。

シートを前から見て、シートベースのふちとシート皮の縫い目がちょうど重なる位置で仮止めします。

ここも1〜2点タッカーを打ち込んで止めます。
これで仮止め完了です。

画像のように全体的にダルダルになっていると思いますが、それでOKです。

大切なのはシート本体に対してシート皮がずれていたり、ななめになっていないか確認することです。


GB250クラブマンは、仮止めをキッチリするのが上手く張るコツです。
ずれている場合は針を外して再度仮止めを行いましょう。

OKですか?では本張りに行きましょう!

画像クリックで拡大表示します。

  

step2 シート左右を張る
シート中央を左右に張ります。

左右のバランスにご注意ください。
左右どちらか一方に張りすぎないように注意して張ります。

ここも2〜3点タッカーを打ちます。

シートを真上から見ると、左右のバランスを確認しやすいと思います。
中央を張ることで、画像の様にシートの前・後ろがハッキリすればOKです。

張り具合は後で調整できますので、気持ち緩めくらいの張り具合でOKです。


画像クリックで拡大表示します。

  

step3 シート前カド部分を張る
シート前座面のカド部分を左右に張ります。

ここも左右のバランスにご注意ください。
座面の大きなたるみが取れる程度に張っていきます。
左右どちらか一方に張りすぎないようにご注意ください。

ここも2〜3点タッカーを打ちます。

シートを真上から見ると、左右のバランスを確認しやすいと思います。
画像の様に前座面の、目で見えるたるみが無くなればOKです。

印のあたりは、シート皮がスポンジから少し浮いた感じになっていると思いますが、それでOKです。

画像クリックで拡大表示します。

  

step4 後部本張り
シート後部を本張りします。

仮止めで打った針が邪魔な場合は、いったん外して打ち直します。

この部分はシートベースならびにスポンジが非常に薄いので、タッカー針の脚が長いと表側に凸凹が現れる場合があります。(今回は6ミリ長のタッカー針を使用しています。)
タンデム(後部座席)側の裏側です。

まず左右のカド部分をとめて大きなズレが無いかを確認します。

その後シワが表側に出ないよう、にタッカーを打っていきます。

画像の様に細かくタッカーを打ち込んでいくときれいに仕上がるかと思います。
後ろから見て、シート皮の縫い合わせの線がまっすぐになっていることを確認します。

この線が傾いていたり、曲がっているとキレイに見えませんので、まっすぐでない場合はいったん針を抜いて、再度打ち直します。
シート後部の大きなたるみが取れるので、だいぶすっきりした形になってきます。

シートの引っ張り具合ですが、縫い合わせの位置など画像を参考にしてみてください。

印のあたりは、シート皮がスポンジから少し浮いた感じになっていると思いますが、それでOKです。

画像クリックで拡大表示します。

  

step5 後部たるみ取り
シート後部座面を左右に張ります。

引っ張りすぎ、左右のズレに注意してください。

この部分は別パーツになっているシート後部とのつなぎ目のため、一部変則的に傾けてタッカーを打つところもあります。

画像を参考にしっかり打ち込んでください。

張り具合ですが、目で見えるたるみやシワがなければOKですので、ごく軽く張るくらいでちょうどいいと思います。
シート側面です。

スポンジが薄いため、画像の○印辺りにパーツのつなぎ目の筋がうっすら見える場合がありますが、コレはシートベースの構造上仕方がないです。

新品のシートでも見える場合もありますので、気にせずにいきましょう。
前の工程でほぼ張れているため、ここは強く張る必要はないと思います。

強く張ると側面の筋が見えやすくなりますのでご注意ください。


画像クリックで拡大表示します。

  

step6 前部本張り
シート前部分を本張りします。

仮止めで打ったタッカー針が邪魔になる場合は、いったん抜いて打ち直します。
シートベースのふちとシート皮の縫い目を合わせるように、シートを張っていきます。

触ると少し頼りない感じになりますが、スポンジの先端が傷んでいる場合は、気持ち緩めに張った方がキレイに見えると思います。

シートの先端の印部分はせり出したスポンジのせいで、きれいにラインが出ないことが結構あります。

そういう場合はきつく張るのではなく、この部分をもんでみてください


シート皮とスポンジがなじむのでかなり改善されます。
シート先端はスポンジの状態によっては、キレイに仕上がらないことがあります。

画像のシートもスポンジが痛んでいたので若干緩めに張っています。

スポンジの先端部分はシート脱着の際にタンクに当たったりして力がかかりますので、どうしても痛みやすいですね。


画像クリックで拡大表示します。

  

step7 前座面たるみ取り
シート前部座面を左右に張ります。

シート後部座面同様、引っ張りすぎ、左右のズレに注意してください。
出っ張りがある部分はタッカーが打てませんので、出っ張りの周囲をキッチリとめておきましょう。

張り具合ですが、目で見えるたるみやシワがなければOKですので、ごく軽く張るくらいでちょうどいいと思います。
目で見えるたるみやシワがなければ、シート皮がスポンジから少し浮いていてもOKです。

それくらいの張り具合がちょうどいいと思います。


画像クリックで拡大表示します。

  

step8 バランス調整
シート全体のバランスをみて張り具合を調整します。

曲がって打ったタッカーの針やゆがんだ針を抜いて、きれいに打ち直します。

張り替えやってみようのSTEP6を参考に、余分なシート皮を切り取ります。

外したシートキャッチ金具とベルトを、金具→ベルトの順に取り付けます。

張り終えたシートの裏側です。

画像の
印のように、縫い合わせ部分は念のため二度打ちしておくと良いかと思います。
シート前カド部分です。

ここは画像の様にシート皮を重ねてとめておくと、スッキリして見えます。
ま、といっても裏側なんですけど(^^;
まずシートキャッチ金具の穴とシートベースの突起を合わせます。(矢印部分)

次にベルトをシートキャッチ金具の上に通し、ナットで固定します。

金具の左右・向きが間違っていると突起がはまらないようになっています。

  

step9 完成
完成です!

どうだったでしょうか?うまくできましたか?

最初はシワが取れなくて不安かもしれませんが、シート形状に合わせたシート皮ですのでグイグイ引っ張らなくてもこの通りちゃんと仕上がります。


クリックで拡大します。

前後とも座面は少し緩いかな、くらいでちょうどいいです。


縫い合わせの線が傾いていたり歪んでいるとキレイに見えませんので、左右のバランスにはご注意ください。

バランスにさえ注意すれば、難しいところはほとんどないと思います。


クリックで拡大します。

実際作業されて分かりにくい所がありましたら掲示板またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

           GB250クラブマン5型 用張り替えシート皮 商品詳細ページへ

           このページのトップへもどる



Copyright 2015 Standard. All Rights Reserved.